神野総合車輛所

鉄道全般およびRailSimの話題について取り扱っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

221形

221形の形式画像

221-1~36
東京(開業当初は大宮)方の先頭車として開業時に5次車まで36輛が製造された。定員は45名。シートピッチは980㎜で当初は3人掛の座席は固定席とされていた(のちに回転式化)。前位寄りに業務用室、後位車端部に便所、洗面所が設置されている。

221-201~207
G編成の8連化にともなって不足する先頭車を補うために225形を先頭車化した車輛で平成3年までに7輛が改造された。定員は50名。先頭形状は100系タイプとされ、シートピッチを1,040㎜に拡大したため業務用室が無い。
窓下の通風孔は種車のものを流用したため窓と位置が合っていない。

221-1001~1003
登場時より最高速度240㎞/hに対応する車輛で6次車の3輛が製造された。室内構成は0番台と同一である。定員は45名。登場時はE37~E39編成とされたが、のちにF1~F3編成に変更された。

221-1501~1518
7次車からは室内構成を見直された1500番台として増備された車輛で定員は5名多い50名となっている。後位車端部はこれまでと同様に便所、洗面所が設置されている。

221-2001~2002
分割民営化にあたって"とき"の10連化にともない不足する先頭車を補うために10次車として2輛が新製され、先頭部は100系タイプとされた。定員は1500番台と同じ50名であるが、シートピッチは1,040㎜に拡大され3人掛座席も回転式となった。窓下の通風孔は新製車のため窓と位置が揃っている。H3・H4編成に組み込まれていた。

なおこの記事はホームページ開設後は移転します。
スポンサーサイト
200系 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<編成テンプレート | ホーム | メリークリスマス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。